消費者金融からのキャッシング

キャッシングの中でも気軽さと言えば消費者金融になるでしょう。
商品はお金を貸すこと、その一点に絞られていますので審査には通りやすくなっています。
お金を貸すことを生業としており貸金業の一つです。

 

消費者金融は現在あるキャッシングの中でも最も金利が高くなっています。
上限の金利は20.0%です。
大手消費者金融ならば上限金利18.0%となっていますので若干低くはなっているものの、20.0%と18.0%では少額のキャッシングの時にはそれほど意味のある違いではありません。
しかし現状あるキャッシングの中で最も金利が高いことは忘れないでおきましょう。
借り入れ金額が大きく返済が長くなる借り入れには消費者金融は適していません。
「数回程度で完済ができるキャッシング」ならば消費者金融は活用しやすくなるでしょう。

 

それでは金利がどのように影響をするのか確認してみるとわかりやすくなるはずです。
そのためには利息の計算方法を覚えておきましょう。
利息は実は金利だけで決まるものではありません。
借り入れ金額×金利÷年間日数×借り入れ日数
これで利息を計算することになります。
借り入れ日数がもっとも重要です。
なぜならば借り入れ金額に応じて一日分の利息が金利で決まりますが、それに借り入れ日数を掛けるからです。
つまり一日分の利息を何日分支払うのか、それが利息の計算になるからです。
一日分の利息が100円だとしてそれを7日で返済できれば700円、30日で返済となれば3,000円です。
この違いは借り入れ金額が大きく、借入期間が長くなったときに大きくなってきます。
借り入れ日数が重要ではありますが、借り入れ金額、返済期間が増えるときにはそもそもの計算式の土台である金利を考えなくてはならないことになります。

 

「30万円を30日間借り入れたとき」
・消費者金融18.0%の金利
30万円×18.0%÷365日×30日=4,438円
・銀行14.5%の金利
30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円

 

金利の違いで1,000円近い差が出てきました。
同じ借り入れ金額であっても金利の違いが影響を出す借り入れ金額です。

 

「30万円を180日間借り入れたとき」
・消費者金融18.0%の金利
毎月の返済によって借入残高が下がりますのでその都度利息が変わります。
利息の総額は15,713円です。
・銀行14.5%の金利
毎月の返済によって借入残高が下がりますのでその都度利息が変わります。
利息の総額は13,069円です。

 

借り入れ金額や借り入れ日数が利息に大きく影響してくることがわかりました。
一方で借り入れ金額や借り入れ日数が少ないのであれば利息の影響が小さいこともわかりました。
消費者金融の金利は少額キャッシング短期返済にのみ安心できるものです。