三菱東京UFJ銀行多目的ローン

キャッシングのバンクイックでも人気がある三菱東京UFJ銀行では多目的ローンもあります。
まず最初に、三菱東京UFJ銀行の多目的ローンを利用するときには必ずインターネットから申し込みをするようにしましょう。
インターネット申し込みであれば金利は格段に低くなります。
例え三菱東京UFJ銀行店頭窓口で相談をしたとしても申し込みは店頭窓口ではなくインターネットから行うようにしましょう。
なぜなら店頭窓口から申し込みをしたときの金利は7.975%、しかしインターネットから申し込みするときの金利は5.475%です。

 

それでは特徴からご紹介していきましょう。
最大借入額は300万円までとなっており最長借り入れ年数は10年です。
大きな金額でもゆっくりと返済していくことができます。
もちろん保証人は不要です。
通常のキャッシングのように即日融資はできません。
インターネットから申し込みを行い、必要書類の提出、審査結果を受けてから10営業日での借り入れとなっています。
借り入れと言っても現金が引き出せるわけではありません。
三菱東京UFJ銀行が借り入れ金額を支払先へそのまま振り込みをすることになります。

 

借り入れ金額の上限は300万円となっていますが実は下限もあります。
50万円以上300万円以内が三菱東京UFJ銀行多目的ローンの借り入れ金額となっています。
大口の多目的ローンとして活用することになります。
金利は低くなっていますがこれは2014年9月22日現在のものです。
変動金利であり毎月見直しがされています。
ここしばらく金利が変動することはありませんが、いつ何時金利市場に変化があるとは限りません。
申し込みをした日の金利が適用になるのではなく借り入れをした日の金利が適用されます。
申し込みをした日から借り入れをする日までに月をまたいでしまった場合、考えていた金利とは違った金利が適用されることもありますのでタイミングには気をつけなくてはなりません。

 

利用条件も確認しておきましょう。
ここが多目的ローンを利用するために最初の難関となります。
・年齢が申込時に満20歳以上、完済時に満70歳の誕生日までで、保証会社(潟Wャックス)の保証を受けられること。
・前年度の税込年収(事業所得の方は申告所得)が200万円以上。(年金年収のみは対象外)
・勤続年数が1年以上。
・パソコンのEメールアドレスがあること(携帯電話のEメールアドレスでは申し込み不可)
・外国人のお客さまは永住許可を受けている方。

 

パートやアルバイトの方が三菱東京UFJ銀行多目的ローンを利用するのは簡単ではありません。
なぜなら前年度の税込み年収が200万円以上あることと決められているからです。
ある程度の所得がなければ借り入れ金額の大きな多目的ローンは利用できません。

 

なによりも重要になるのは返済です。
金利は低くなっていますが、その低金利を活用するためには返済の方法をしっかりと考えなくてはなりません。
返済時に誘導があること、それがローンの基本です。
三菱東京UFJ銀行多目的ローンはどのようになっているでしょうか。

 

三菱東京UFJ銀行多目的ローンの返済方法は毎月返済もしくは毎月返済にボーナス月増額返済を加える方法の2種類があります。
ボーナス月は年に2回であり計画的でなくてはなりません。
しかし三菱東京UFJ銀行多目的ローンには繰り上げ返済があります。
店頭窓口からの繰り上げ返済もできますがその場合には手数料が5,400円かかります。
余裕があるときに積極的に返済ができるかといえば手数料が負担となってそれはできないでしょう。
ところがインターネットからの繰り上げ返済は手数料がかかりません。
余裕があるときには少しで返済をし早い完済を目指すことができます。

 

三菱東京UFJ銀行多目的ローンは大口の融資に向いており、インターネットとの連携で返済のしやすさがあります。