みずほ銀行多目的ローン

大手メガバンクの一つみずほ銀行にも多目的ローンがあります。
キャッシングを考えていたのであればみずほ銀行カードローンも検討してみたのではないでしょうか。
そこには大手だからこその安心があります。
ところがみずほ銀行カードローンは金利は標準的ではあるもののみずほ銀行口座を開設しなければならず、また毎月の返済額も10万円の借り入れ金額でも1万円と高額になっています。
みずほ銀行カードローンは利便性が高いとは言えません。
それではみずほ銀行にある多目的ローンはどうでしょうか。

 

最大借入金額は300万円となっておりますが、下限は10万円からと低くなっています。
ある程度少額の借り入れでも対応できるものとして考えることができるでしょう。
変動金利と固定金利があり、変動金利は2014年9月22日源でいざ5.875%、固定金利は6.850%です。
変動金利にすればいいのか固定にすればいいのか、それは慎重に考えなくてはなりません。
借入期間が長くなればなるほど金利市場の動きがリスクとなります。
金利が下がれば変動金利でも問題はないでしょう。
しかし金利が上がるようなことがあればどうでしょうか。
不安になるはずです。
借入期間や金利市場を確認しながら現在の状況では変更が有利か固定が安心なのかしっかりと判断しなくてはなりません。
おそらくは最初の大きな選択肢となるでしょう。

 

実は繰り上げ返済についてはみずほ銀行多目的ローンでは明記されていません。
通常は返済日以外の返済つまり繰り上げ返済についてなんらかの明記があるものですがみずほ銀行多目的ローンにはその行基がありませんので毎月一度の返済日だけと考えることになるでしょう。
年に2回のボーナス返済加算をすることができますが、返済日、返済額等契約時に設定することになります。
その金額で返済を続けていくことになりますので慎重に考えましょう。

 

それではみずほ銀行多目的ローンの利用条件を確認してみます。
・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終返済時年齢が満 71 歳未満の方
・勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方

 

年齢や前年度の収入としては標準的であると言えます。
しかし勤続年数は2年以上が必要となっていますので必ず確認しなければならない項目です。

 

みずほ銀行多目的ローンは普段からみずほ銀行を利用している方など、みずほ銀行を総合的に利用する方に向いている多目的ローンです。
勤続年数の条件や繰り上げ返済の不透明さなど課題が多く残されるローンではあるでしょう。