実は即日融資ができる銀行もある

今では消費者金融ばかりの専売特許ではなくなったのが即日融資です。申し込みをした日に借り入れができる、それが可能になりました。インターネット専業バンキングのキャッシングも、振込キャッシングが可能となっていますので即日融資も難しくはありません。

 

しかし、確実性を考えるのであれば、消費者金融のように自動契約機を利用することです。

 

銀行カードローンで自動契約機を設置している銀行はあります。

 

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
  • 新生銀行カードローンのレイク

 

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は、店舗内にのみ契約機が設置されていますので近くにその銀行がなくてはなりません。

 

新生銀行カードローンのレイクは、現在こそ新生銀行のものとなっていますが、もともとは消費者金融のレイクです。そのため、消費者金融時代の自動契約機をそのまま設置していますので、銀行として最も自動契約機の設置数が多くなっています。

 

自動契約機の利用方法を確認しておきましょう!

銀行カードローンでも自動契約機は、申し込みから借り入れまでができます。自動契約機に向かうと中にはタッチパネルの端末機があります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックではテレビ窓口として用意されていますが、バンクイックの契約だけではなく三菱東京UFJ銀行口座の開設にも利用されています。

 

また、三井住友銀行ローン契約機は三井住友銀行カードローンだけではなく同じグループであるプロミスの契約もできるようになっています。

 

  1. タッチパネルは音声ガイダンスが流れていますので心配はありません。
  2. ガイダンスに従って操作をしていくことになります。
  3. 必要書類の提出もその場で行うことになります。
  4. 審査結果が表示されるまで待ちましょう。
  5. 待ち時間は20分から30分ほどです。
  6. 審査が可決となれば融資限度額が伝えられ契約の取り交わしです。
  7. 契約が完了するとカードが発行されますので併設されているATMからの借り入れが可能です。

 

待ち時間がもったいないと感じるかもしれません。確かに即日融資を希望しているのであれば、時間を無駄にすることはできません。

 

そんなときには、インターネットで申し込みをして審査結果を確認してから契約機に向かい契約をするという方法もあります。

 

インターネット申し込みはインターネットにつながるデバイスさえあればどこでも申し込みが可能です。電車の中であっても、勤務先の昼休みであっても問題はありません。今日中に借り入れをしなければならないときには時間を無駄にしないよう有効に使っていきましょう。

 

消費者金融よりも金利が低く、それでいながら即日融資までできるようになりました。もはやデメリットを探すことの方が難しい、そんな銀行カードローンの出てきました。

 

それでも、すべての銀行カードローンが即日融資に対応しているわけではありませんので、利用をする前には必ず確認をしましょう。