銀行カードローンからのキャッシング

銀行カードローンでもキャッシングができます。
銀行と聞けば大口の融資を大きな会社に、そのようなイメージがあるかもしれません。
近年流行った銀行ドラマもまた大口の融資を取り扱う銀行マンの活躍でした。
しかし銀行でもカードローンとして消費者金融のキャッシングと同じようなローンがあります。

 

銀行カードローンは貸金業ではありませんので独自に設定できる項目が非常に多くあります。
借り入れ金額、そして収入証明提出のラインです。

 

消費者金融は貸金業が管理しており改正貸金業法によって総量規制があります。
この総量規制は個人の貸金業からの借り入れ総額を年収の3分の1に抑えるというものです。
銀行はその対象とはなっていませんので借り入れ金額は法律によっては決められていません。
借り入れ金額を大きくもできる、それが銀行カードローンです。
例えば消費者金融では総量規制があり複数ある借金を一つにまとめるためには総量規制の例外となるおまとめローンの専用商品を使わなくてはなりません。
ところが銀行カードローンはそもそも消費者金融のように借り入れ金額が法律によって制限されていませんのでおまとめローンのような専用商品はありません。
キャッシングは資金使途自由となっておりその範囲の中でおまとめに利用することができます。

 

また総量規制がないということは収入証明提出のタイミングも決められた法律がないということです。
銀行カードローンでは収入証明が必要となるラインを独自に設定しています。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは借り入れ金額100万円まで収入証明書類不要となっていますが、楽天銀行スーパーローンでは借り入れ金額300万円までは収入証明不要となっています。
銀行によって収入証明が必要なタイミングは大きく異なることがお分かりになるでしょう。

 

消費者金融はまずそこが安全な業者であるかどうかを確認しなければなりません。
闇金融という脅威があるからです。
しかし銀行はどうでしょうか。
銀行である、それが既に大きなブランドであり安心です。
もちろん大手消費者金融があるように大手銀行があります。
日本三大メガバンクとされている三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行です。
それだけではないでしょう。
自分の住んでいる地域にも信頼の置ける地方銀行があるはずです。

 

銀行カードローン、そこには無数の選択肢があります。
本当に使いやすい銀行カードローンはどこであるのかしっかりと考えなくてはなりません。