無利息期間を使ったキャッシングという裏技

キャッシングには必ず金利があり利息を支払わなくてはなりません。
しかし一部例外の期間を用意しているキャッシングもあります。
それが無利息期間です。
無利息期間は消費者金融でも銀行カードローンでも用意しているところが数社あります。

 

・新生銀行カードローンのレイク
・ジャパンネット銀行
・プロミス
・ノーローン

 

また期間限定ではありますが、楽天銀行や消費者金融のアコムも時折キャンペーンとして無利息期間を用意することがあります。
無利息期間は新規顧客開拓のためには非常に有効な手段です。
その期間を有効に使えば利息を支払うことなくキャッシングが利用できます。
それぞれが用意する無利息期間は違いがあります。
そして無利息期間が終了すると通常の金利が適用になります。
この点に気をつけて適切なキャッシングを行いましょう。

 

無利息期間が最も長いのは新生銀行カードローンのレイクです。
2種類の無利息期間があり一般的な30日間の無利息と、180日間の無利息があります。
180日間の無利息は現在ある無利息期間の中でも最も長くなっています。
しかし借り入れ金額のすべてに無利息期間が適用されるのではなく、借り入れ金額の中で5万円までが無利息の対象となっています。
それでも5万円以内のキャッシングを考えているのであれば新生銀行カードローンのレイクが良いでしょう。
月に1万円ずつ返済をしたとしても5か月、充分無利息期間内に返済することができます。
180日間はおよそ半年です。
それだけの長い期間無利息になる業者はこれからも出てくることはないでしょう。

 

新生銀行カードローンのレイク、ジャパンネット銀行ネットローン、消費者金融のプロミス、この3社は30日間の無利息期間を用意しています。
30日間とは長いように感じられますが1ヶ月という短い期間です。
返済回数で言うと1回で完済しなければなりません。
もちろん無利息期間内に完済をしなければならないという決め事はありませんが、無利息期間を活用するために選んだのであればその期間の返済を心がけましょう。

 

ここまでの無利息期間は1回限りのものとなっています。
初回の借入時に適用され2回目以降の借り入れには通常の金利が加算されます。
プロミスではポイントサービスがありプロミスの利用に応じて貯めたポイントをまた無利息期間に交換することもできます。

 

消費者金融のノーローンはほかの無利息サービスとは事情が異なります。
ノーローンの無利息期間は何度でも利用することができます。
1週間という短期間ではありますが、給料日までにお金が不足しがちで借り入れが増えるというときには活躍するキャッシングになるでしょう。
ただし条件があり最高でも月に1度までの利用にとどめられます。
借りて返すを1週間以内に繰り返せば永年無利息となる、そんな裏ワザも知られていましたが現在はできません。

 

キャッシングをするときには必ずかかるはずの金利をなしにすることができるものです。
短期間のキャッシングであればむりそく期間の活用は有効になるでしょう。