多目的ローンとは

全ての借り入れがキャッシングで解決するわけではありません。
借り入れの金額や目的によってはキャッシングでないプランを考えたほうがよいでしょう。
銀行には目的に合わせたローンがあります。
住宅ローン、ブライダルローン、マイカーローンなども目的に合わせたローンです。
そしてその他に多目的ローンがあります。
銀行によって多目的ローンと呼ばれることもフリーローンと呼ばれることもありますが、さまざまな目的に活用できるローンであることには変わりありません。

 

多目的ローンは何度も借り入れができるキャッシングとは異なります。
一度の契約で利用できる借り入れは一度だけです。
そして振り込みによる代金の支払いがある買い物に有効です。
例えば大きな家電を購入するときの支払いに利用するのが多目的ローン、そのように使われています。
家電を例に挙げましたのでこのまま簡単にご説明しましょう。
家電量販店などで大型家電を購入するとき、代金の支払いはどのようにしていますか?
まず金額から考えても一括ということは少ないでしょう。
おそらくは分割払いをするはずです。
家電量販店では契約をしている信販会社もしくはローン会社がありますので分割払いを申し込みをすればそのローンが使われます。
金利や返済事情を確認することなく言われたままの返済をのむことになるでしょう。
果たしてそれが正しい買い物と言えるでしょうか。
例えば金利が15.0%のクレジットカードの分割払いを利用することになった場合、期間は長くなり返済期間が長期化します。
通常購入した商品の金額の1.5倍ほどの金額を総額とすることになります。
これではあまりに大きな買い物となってしまいます。
しかし、家電量販店へは代金の支払いをすればいいものであって必ずしも用意された分割ローンを利用しなければならないと決められているわけではありません。
金利や返済方法、返済方式などを十分に比較して分割ローンを考えなくてはなりません。

そのために利用ができるのは銀行の多目的ローンです。

 

多目的ローンは現金を受け取るキャッシングとは違い、その支払いを代行してもらうローンです。
つまり家電量販店で利用をしたときには、その支払いは多目的ローンを利用する銀行が代行して行います。
支払いは銀行に対して行っていくこととなっています。

 

多目的ローンも魅力は金利が低いことにあります。
通常銀行カードローンの上限金利よりも10%ほど低くなっていますので返済が非常に楽になります。
もし、これからの借り入れが目的がはっきりと決まっている支払いであれば銀行の多目的ローンを検討してみましょう。